パースの治安はいいのか?データを基に徹底解説!!

パースは”治安も良く、フレンドリーで住みやすい美しい街”とよく耳にします。では、実際はどうなのでしょうか?

私自身、落し物をわざわざ届けて頂いたりして、親切だなと感じたことは数多くあります。
一方で、友人が突然道端で殴られた。なんて怖い話も聞くんです。

うーん…1つ1つの話を聞いていても、パースの治安が良いのか悪いの判断が付きませんね。

という事で、今回はパースの治安状況をデータを元に調べてみました。

まずは結論

  • パースは東京より10倍も治安が悪い
  • 治安の良い悪いは地域に左右される
  • トラブルに合ってしまったら警察または在パース日本国総領事館へ

パースの治安について

まずオーストラリアの治安は、世界163カ国中13位 (2019年時点) となっており、世界的に見ると治安がいい国と言えます。

しかし日本は9位なので、日本の感覚でオーストラリアに行くと思わぬトラブルに巻き込まれてしまうかもしれません。

下の表は、10万人あたりのパースの首都圏と東京の犯罪率の比較の表です。

犯罪率 パース首都圏
(2019)
10 万人あたり
東京
(2018)
10 万人あたり
犯罪率比較
パース/日本
殺人(未遂を含む) 1.3 0.6 2.2
性犯罪(過去事件を含む) 13 7.1 19
暴行傷害(DVを含む) 783 43 18
強盗 51 2.8 18
侵入窃盗 901 33 27
窃盗 2,920 536 5.4
車両盗難(自動車,単車) 214 0.9 238
麻薬犯罪 1,009 16 63
その他 2,292 211 11
合計 8,303 843 9.9
表1:犯罪率の比較

10万人あたりの犯罪率を東京と比較すると. . .

殺人関係が約2倍、窃盗が約5.4倍、性犯罪、暴行傷害、強盗が約18倍、侵入窃盗が約27倍、麻薬犯罪が63倍、車両盗難に至っては約238倍も高い結果となっています。

犯罪率全体では、パースの治安は日本の役10倍悪いと言えますね。

怖っ!!!

パースのエリア別治安状況

パース怖すぎ!と、必要以上にガクブルする必要はありません。
パースの中にも治安のいい場所、悪い場所があるので、治安の悪い場所に行かない事が大切です。

ということで、パースの治安を地図にまとめてみました。

図1:パース北側の治安状況 (2016)

図2:パース南側の治安状況 (2016)

ざっくりですが、赤色が治安があまりよろしくない地域青色が治安がよろしい地域となっています。黒斜線部は私が治安の確認をしてない地域です。

おのずと、お店が多く人が集まるパース駅周辺フリーマントル(Fremantle)周辺は犯罪率が上がっています
この辺りは、夜遅くなると本当に雰囲気が殺伐としてきます。

その他には、悪名高いアーマデール線(Armadale Line)沿いも赤が目立ちますね。私の友達も、夜のアーマデール線は怖くて乗れないと言っていました。

また、北側の真ん中あたりにあるミラブッカ(Mirrabooka)周辺、ミッドランド線(Midland Line)の終点にあるミッドランド周辺も真っ赤です。

治安の悪い場所に行ったり住んだりしたからと言って、常に盗難にあったり暴力にあったりする訳ではありませんが、避けられるトラブルは避けた方が懸命です。

トラブルに巻き込まれてしまったら

緊急の場合

緊急時は000に電話をかけましょう。
救急・消防・警察全てこの番号で大丈夫です。

被害にあってしまった後は

加入している保険が適用される可能性もあるので、保険会社に問い合わせると共に、警察に被害を申請しましょう。

  • 緊急時以外の電話番号:131 444
  • 警察署の場所こちら

在パース日本国総領事館

在パース日本国総領事館もトラブルの相談には強い味方です。
警察への届出方法医療機関の情報弁護士や通訳の情報などを提供して貰える様です。詳しくはこちら

在パース日本国総領事館
住所:U22 / Level 2, 111 Colin Street, West Perth WA 6005 AUSTRALIA
電話番号:08-9480-1800
受付時間:平日 9:00-12:30
在パース日本領事館HP:
https://www.perth.au.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

参考